法人の記念品はIDカードケースがお勧め

記念品は会社法人にとっては大変大事なものです。

周年記念であれ、創業記念品であれ、節目の日を記念品として刻む意味はいくつかあり、一つは従業員同士の連帯感の確認、普段お世話になっている得意様への感謝の表現、また将来にわたる継続ある企業活動を祈念する等々多岐に渡ります。

今回はその中でも従業員同士の連帯感の達成について記念品を提案してみます。

法人はいわゆるチーム戦を会社として行っているわけですが、そこに必要なものは連帯感ですね。

その連帯感を確認、或いは今後向上させていくことに大変メリットのあるアイテムがあります。

それは、本革製品のIDカードケースです。

社員証を入れるカードケースは樹脂製の物が多く、どちらかと言えば安価なイメージがありますが、それを革製品に転化することで、そのアイテムへの愛着感は想像以上に上昇します。

その愛着のあるカードケースを皆が持ったらどうでしょうか。

社名ロゴ入りのカードケースを皆が持ったらどうでしょうか。

想像に易い効果が期待できます。

そしてそのようなことができるタイミングは、記念日の贈答品です。

ぜひご検討してみて下さい。

想像以上の反応があるはずです。